デリケートゾーンの臭いや黒ずみ|多くの女性が抱える悩み

婦人

生理のトラブル

笑顔の女性

生理のときの悩みは、体の怠さや腹痛、頭痛だけではありません。デリケートゾーンにも様々なトラブルを抱えることになります。生理時には通常よりも肌が敏感になり、デリケートゾーンも荒れやすくなっている上に、ナプキンはその防水性から通気性が悪いものが多いです。そのためデリケートゾーンが蒸れて痒みがでたり、雑菌の繁殖によってかぶれたりします。そのまま放置してしまうと菌が侵入し、病気を引き起こしかねません。そんな生理時のトラブルを改善するために、まずはナプキンを見直してみましょう。こまめに取り替えているのにデリケートゾーンが荒れてしまう場合は、ナプキンの種類が原因かもしれません。最近はナプキンにも、敏感肌用のものや、通気性のいいものが販売されているので試してみましょう。また、もしかしたらアレルギーが原因で荒れるのかもしれません。メーカーごとで使用している素材も様々なので、メーカーを変えることで改善されることもあります。それでもよくならない場合には布ナプキンの使用も効果的です。布ナプキンは防水部分にも特殊加工を施した布を使用しているため、通気性が優れています。また、科学成分は含まれていないのでアレルギー反応が起こることもありません。使い方が不安な人は、多い日は紙ナプキンを、少ない日に布ナプキンをといったように併用して、徐々に慣れましょう。更に、サニタリーの下着を見直すことでも改善することがあります。サニタリー用のものは経血がもれないようにフィットしたタイプのものが多いので、締め付けも強くなります。なるべく肌への負担が少ないものが適しています。